冷たい雨

 気温の上がらなかった一日。冷たい雨が降ってます。
 そんな時にきまって思い出す曲・・・。
 さあ、今夜の最初の曲です。♪♪♪♪ ♪♪♪♪ ♪♪♪♪ ♪♪♪♪
冷たい雨   作詞/作曲 荒井由実

冷たい雨にうたれて 街をさまよったの
もう許してくれたって いいころだと思った
部屋にもどって ドアをあけたら
あなたの靴と 誰かの赤い靴
あなたは別の人と ここで暮らすというの
こんな気持ちのままじゃ どこへも行けやしない

冷たい雨が降るたび あなたを思うでしょう
幸せに暮してなどと 願えるはずもない
夢の中に でてくるあなたは
やさしい面影だけで たくさん
だけど信じられない 突然のできごとが
こんな気持ちのままじゃ どこへも行けやしない

彼女の名前 教えないでね
うらむ相手は あなただけでいい
涙こぼれるように 時もこぼれてゆくわ
指と指のすきまを そしていつか忘れたい

涙こぼれるように 時もこぼれてゆくわ
指と指のすきまを そしていつか忘れたい

  ハイ・ファイ・セット 1976年(昭和51年)

by ken28-575 | 2004-11-19 01:00 | 日記です | Comments(0)


<< 雨はあがった メール句会 >>