青春の殺人者

 水戸に続き土浦でまたもや悲惨な事件が起きてしまった。
 
 水谷豊主演のATG映画、「青春の殺人者」(1976)を思い出す。
(紹介文より)
  一九六九年十月三十日、千葉県市原市で実際に起こった事件に取材した芥川賞作家中上健次の小説『蛇淫』をもとに、両親を殺害した一青年の理由なき殺人を通して、現代の青春像を描き上げる。
 当時、この映画を2~3回見たと記憶している。
by ken28-575 | 2004-11-26 00:23 | 日記です | Comments(0)


<< 西高東低 パーティー >>