1月号

◇1月号(10月10日締切)  研一

    しみ少しそばかす少々梨の皮
    覚えてもすぐに忘れる秋草よ
    上流も下流もなかり天の川

 再び3句欄。
 (毎月5句投句し、主宰選により、掲載は4句、3句または2句となる)

 島根県の投句者は毎月10名を超えるが、今月は4句欄の方はなしでありました。

 結社から「特集」(3月号)の原稿依頼届く。
 締め切りが1月14日必着。2100字で長くはないが、そんなに余裕はない。
 「ご執筆のお願い」の文書に所々赤いラインが引かれ、事務所の切迫感が伝わってくる。編集の皆さんも大変であります。

          ☆よろしければクリックを!人気ブログランキングへ
by ken28-575 | 2011-12-28 23:19 | 俳句あり | Comments(0)


<< 大山(伯耆富士) 続・クリスマスまで >>