大山(伯耆富士)

 この時期にこれだけクッキリ見えるのは珍しい。
 標高1,711mの大山、関東の方は「オオヤマ」と読む人が多いが「ダイセン」です。
b0029438_22265457.jpg
 太陽光線の関係でくっきり見えるのは午後になってから。
b0029438_2227239.jpg
 米子市内から丸見えである。
 今年も残すところあと僅か。
 「紅白歌合戦」を横目に今年最後のブログ。
 ここ数年は、書き込みの間隔が空くことが多くなったが、来年も続ける。
          ☆よろしければクリックを!人気ブログランキングへ
by ken28-575 | 2011-12-31 22:39 | 日記です | Comments(4)
Commented by KUMI at 2012-01-02 11:29 x
あけましておめでとうございます。

素晴らしい伯耆富士、今年は雪が多いようですからまさに絶景ですね。
こちら、年末には毎日すっきり見えていた富士山も、初富士はちょっと薄れてしまいました。
新しい故郷での暮らし、どんな日々になるのでしょう。
佳句をお待ちしています。
Commented by ken28-575 at 2012-01-02 23:04
おめでとうございます。
今年も「秋刀魚」をですね。
どうぞ、益々のご健吟を。
Commented by 魚遊 at 2012-01-22 15:27 x
はじめまして。松江在住の俳句初心者(歳はいってますけど。)です。どこかの結社の会員になろうといろいろ調べているうちに貴殿のブログに行き当たりました。松江でも東京の結社の会員として頑張っていらっしゃる方がいると知って勇気づけられます。藍生のことや松江の句会のことなど教えていただければありがたいです。
Commented by ken28-575 at 2012-01-23 00:28
コメント、ありがとうございます。
転勤族で東京では結社の句会に熱心に参加しました。
こちらでは、結社の方がおられますが、メールで句会に参加しています。
やはり、俳句は実際の句会に参加することが大切です。


<< 雪道を温泉へ 1月号 >>