正月五日 チュウブYAJINスタジアム

 正月の週末。
b0029438_0553245.jpgb0029438_0555998.jpg

 野球部の中学生、グランドは雪、ランニングをして足腰を鍛える。


 年賀状の配達はまだまだ続く。
 さて、本日の本題。
b0029438_0524619.jpg
 この晴れ間もつかの間。
 年末にオープンしたサッカー場、「チュウブYAJINスタジアム」。
 雪で天然芝は見えないが、閉鎖されたゴルフ場跡地にできた。この辺りは小高い砂山がありその起伏を活かしたゴルフ場だったが、見事に平坦な敷地に生まれ変わった。
b0029438_053726.jpg

 サッカーJ2のガイナーレ鳥取が建設。
 観客収容人数約7400人でJ2基準の1万人以上に達しておらず、夜間照明もないが、米子はチーム発祥の地。 
 ホームゲームは現在、鳥取市のとりぎんバードスタジアムだが、「県西部でも試合が見たい」などサポーターの声も多く、「サブスタジアム」として、年間数試合の公式戦の開催をJリーグと調整中。

b0029438_0532063.jpg

 平地につくると30億~40億円かかるが、小山をすり鉢状に掘って斜面に観客席を設置するといった工夫で、建設費は約3億円。
 このうち、半分近くはサポーターの寄付や地元企業などの協賛金。観客席前列から、試合をする選手までの距離が6メートルほどと近く、試合観戦は臨場感抜群なのが特徴の一つ。隣接地にサッカー場約1.5面分の天然芝の多目的スペースもある。
(2012年11月25日朝日新聞デジタルから一部引用)

b0029438_0533125.jpg

 この画像は雪が降り始めた大晦日の午後に撮影。
b0029438_1174298.jpg 生の迫力!一度は観戦したいニャン。b0029438_1175335.jpg
人気ブログランキングへ

by ken28-575 | 2013-01-06 01:35 | 日記です | Comments(0)


<< 本日の大山 早や四日 >>