東京は上野

 6月8日の午後のこと、仙台に向かう前に上野の東京都美術館へ。
 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展 天才の肖像」、さすが東京である、会場はかなり混みあっていた。
 今日は金曜日で夜8時まで鑑賞できる。
b0029438_22453266.jpg

 折角の美術館、一つだでは勿体ないので、同館の「日本水彩展」に。

b0029438_2258436.jpg 

 驚いた!
 展示数なんと1329点。

 こちらは人は多くない。
 撮影は自由で無作為に撮らせてもらった。

b0029438_230612.jpg

 地元の大山を題材にしたものがあった。

 あいにく、照明が映りこみ見ずらいが。

 以下、無作為に。
 結果として女性をモデルにした絵が多くなったが、とにかく数に圧倒され、早足で見て回った。
b0029438_23255140.jpg
b0029438_2326412.jpg
b0029438_23261453.jpg
 じっくり見たわけでないが、俳句と似た面もある。絵から何を伝えたいか、何を表現したいかということ。
 足が停まる、立ち止まる、そういう作品が必ずある。
 俳句の選句もそうだ。 ただ受け手側もそれを受け止めるための精神状態が必要。
 本日は定例のメール句会。しかし完全に失念し残念なことに欠席。幹事さん、すみませんでした。

人気ブログランキングへ
by ken28-575 | 2013-06-18 23:36 | 日記です | Comments(0)


<< 7月号 あゝ松島や松島大会 >>