弥生時代の遺跡

b0029438_2375563.jpg
 国内最大級の弥生集落遺跡。
 バブル最盛期のゴルフ場を初めとする大規模リゾート「大山スイス村」開発計画のゴルフ場開発中に遺跡が発見され、その後開発は中止に。
 妻木晩田遺跡一帯は鳥取県立むきばんだ史跡公園として整備されている。
 画像一枚では中途半端であるが、小高い丘から日本海の眺めはまさに絶景で夕焼けを見てみたい。

b0029438_2381290.jpg 公園の栗。

  公式HPより
 弥生時代に大山山麓に存在したであろうクニの中心的な大集落であったと考えられます。
 現在、全体のおよそ1/10が発掘調査されています。その結果、弥生時代中期末(西暦1世紀前半)~古墳時代前期(3世紀前半)にかけての、竪穴住居跡420棟以上、掘立柱建物跡500棟以上、山陰地方特有の形をした四隅突出型墳丘墓などの墳墓34基や、環壕など、山陰地方の弥生時代像に見直しをせまる貴重な資料がたくさん発見されました。

 
俳句・短歌 ブログランキングへ
by ken28-575 | 2014-09-18 23:12 | 日記です | Comments(0)


<< 平成26年10月号 平成26年9月号 >>