カヌーの家族がやって来た

b0029438_0535850.jpg

 突然、翔び立って行った。

 カメラの私に気づいたのか?

 距離はかなり離れてているのに、なぜ?

b0029438_0541291.jpg 


 続いて、大集団もあわてるように空へ。
b0029438_0543386.jpg
 カヌーだ。 学生のサークルの練習か? 二艘来て、遅れて三艘やって来た。 どうやら5人家族でカヌー。
 冬の鳥たちに気づかれぬように撮影していて、想像すらしなかったカヌーとの遭遇。
  
b0029438_055865.jpg
 向きを変え上流へ戻っていった。  戻りは息子さんが先頭か。  寒くもなく暑くもなく。  大山の雪はかなり消えていた。  12月が近い。  
俳句・短歌 ブログランキングへ

b0029438_0544386.jpg

by ken28-575 | 2014-11-24 01:19 | 日記です | Comments(0)


<< 平成26年12月号 冬の虹 >>