夜が明けたら雪景色

b0029438_033824.jpg
 日中は温度も上がらず、寒~い一日。だったが積もるほどでもなかった。

 夜になって風も弱まり静かすぎるので、気になり外の様子を見ると、雪。

 「しんしんと雪降る空に・・」である。

 北日本ほどでの積雪ではないが、予報通りの雪で真冬を実感。


 車のワイパーが、ウィンドーから離して立ててある。
 その理由はよくわからないが、ワイパーが雪に埋まってしまうことはない。

 明朝は車の雪を取っ払うことから始まる。
 その分、早く起きないと・・。

b0029438_0332631.jpg

  
俳句・短歌 ブログランキングへ
by ken28-575 | 2014-12-18 00:56 | 日記です | Comments(0)


<< 夜が明けたら 雪 炬燵で選挙観戦 >>