桜木バッサリ

 電線の延伸工事に伴い、敷地から国有地(水路)にはみ出している桜の木を切らざるを得なくなった。
b0029438_15112054.jpg
 伐採はあっという間に終わったらしい。中央の画像の右手に新しく立てられた電柱が見える。
 元々、敷地の境界線からはみ出していることは気になっていたが、持ち出しなしで終わったということ。ついでに、敷地内の家屋近くの枝も切ってもらった。自分で切るとなると高所作業でまず無理。
 いずれ、枝が伸びて切らざるを得ない日が訪れる。今年の桜は今までよりかなり寂しくなるが、仕方ない。
b0029438_15111067.jpg

 桜の木の下は蝋梅だ。こちらはそんなに伸びない。
  
俳句・短歌 ブログランキングへ
by ken28-575 | 2015-01-19 00:05 | 日記です | Comments(0)


<< 旧暦11月28日 浜辺に雪だるま >>