トライアスロンな一日

第35回全日本トライアスロン皆生大会(鳥取県米子市、4町村)
b0029438_1112749.jpg
b0029438_1114616.jpg
b0029438_1115634.jpg
b0029438_11251.jpg


 日本トライアスロン発祥の地である皆生大会のスイム会場は、皆生温泉海岸。バイクは国立公園の大山山麓道路(1市4町村)を走り、ランの東山陸上競技場がゴールとなる。交通規制をしない大会でもある。

 皆生は昭和56年(1981)、皆生の海や大山山麓の豊かな自然を活かして、日本初のトライアスロンが開催された発祥の地です。(大会情報より)



 今年もこの時期恒例のイベントが行われた。
 台風は去り夏空。

 スタートから11時間後の夕方6時ごろ、ゴールまで残り約4キロ地点で選手を待つ。

 沿道から通過する選手一人一人に拍手で声援。

 ボランティアの人たちも慣れたもの。

 車はいつも通りに通過してゆく。
「許すな戦争立法」の看板の前を通過。来年の看板のスローガンは? 戦後70年、昭和90年7月の夏。 山陰の梅雨明けはまだ。
b0029438_1121435.jpg

  
俳句・短歌 ブログランキングへ
by ken28-575 | 2015-07-20 01:30 | 日記です | Comments(0)


<< 一気に梅雨明け 蜂と蝿 安保法案衆院通過 >>