メイストリーム

 風の強い一日。
 弱まったと思ったら、また強く吹く。深夜になってもおさまらない。
 季節が移動している証なんだろう。
 
○某サイトより
  5・6月の警戒すべき気象現象
  【メイストーム】
 晩春から初夏にかけて、日本海や北海道近海で急発達する低気圧があり「メイストリーム」と呼ばれています。これは、暴風雨(雷)を伴い、しばしば海や山の遭難を引き起こします。また、日本海側ではフェーン現象が現れ、大火や山林火災の誘引となることもあります。この低気圧に伴う寒冷前線の活動は活発で、通過の際は突風やしゅう雨、雷電を発生させ、時には、降ひょうや竜巻を伴うこともあるので、飛行にあたっては前線の動向に十分注意する必要がある。
by ken28-575 | 2005-05-19 01:13 | 日記です | Comments(0)


<< メール句会 東京例会 >>