終戦記念日

 b0029438_23424055.jpg
 十二時過ぎ、地下鉄の九段下駅構内には機動隊員の姿が。

 地上に出てみると、なにやら騒々しい。

 集団が機動隊と制服の警察官に取り囲まれ、歩道を靖国神社とは逆方向に移動させられていた。

 ネットのニュース報道によると、「区道上で、警戒警備中の機動隊員の肩を押すなどして、機動隊員の警備活動を妨害したなどとして、警視庁は公務執行妨害や器物損壊の疑いで○人を現行犯逮捕した」とのこと。
 私が目撃したグループは少人数の規模で、「追悼反対」のプラカードを持っていた。
 どうやら、近くの靖国神社周辺から機動隊によって移動させられただけで、逮捕にまでは至らなかったようだ。

 久しぶりに動きのある機動隊の集団を見た。あの時代と同じ色形の制服。
 この模様を欧米風外国人がビデオ撮影していたが、機材(後方正面やや左上の黒っぽい物体)から判断して、しかるべき海外メディアだろう。
 目の前のことは、本日の我国のほんの一こまに過ぎないが、メディアで取り上げられる時には、どのようにでも加工編集が可能であり、カメラの眼は恐ろしい。
 私が撮影したこの画像も、見る人によってその印象も異なるだろう。(あえてグループの姿が確認できない画像を選択した)
 暑い一日だった。

終戦忌は一日のみよ軍歌バー  研一
by ken28-575 | 2005-08-15 23:49 | 俳句あり | Comments(0)


<< 地震 真夏の猿回し >>