東京ビッグサイト

b0029438_032155.jpg 仕事関係で有明の展示場へ。
 初めて訪れたが、なにせ大規模で驚いた。展示場の数の多さ、そのスペースも半端ではない。
 「ゆりかもめ」を利用したが、新橋からここまで乗ったのは初めて。
 久しぶりの秋晴れ。東京の空が都心よりも広々としている。
 羽田から飛び立って上昇を続ける飛行機の胴体のまぶしきこと。
 東京にも様々な顔がある。

十月の空東京の広々と  研一

☆★☆★ ☆★☆★ ☆★☆★ ☆★☆★
先日の連休、NHKの2本のテレビ番組を見た。
 ニュース番組以外で、一つの番組を最後まで見るのは久しぶりである。
 10日夜は、「あの日を抱きしめて 昭和49年10月14日長嶋茂雄引退」
 「あの日」にスポットを当て、様々な立場で体験した「にっぽん人」たちの証言で綴る番組。あの日、あなたはどんな思いで・・・。 
 番組は、これがメインではないが、視聴者から寄せられた手紙を伊藤蘭さんと風間杜夫氏が紹介。
 昨夜は、NHK・BS2とBShiで放送の「あなたと作る時代の記録 映像の60年」で「高度経済成長 豊かさを求めて」(65年から70年まで)
 こちらでは、手記の朗読を長塚京三氏と竹下景子さんが担当。
 この2つの番組。放送されることは知っていたが、特に見たかったわけではない。
 しかし、見始めたらそのまま引き込まれてしまった。
 何故か?
 この種の番組は元々好きで、年末に放送される20世紀を振り返るとか、世界戦争の歴史物などもよく見る。夏だったか、ヒットラー裁判の全部ではないが見た。
 「振り返る年齢に十分達している」というこだろう。若い人達は、違う視点からだろうが。
 31年前の「あの日、私は?」
 31年、そんなになるの?という現実に、正直、複雑な気持ちになった。

秋の雨不満足とは言ひ切れぬ  研一
by ken28-575 | 2005-10-14 00:36 | 俳句あり | Comments(0)


<< 藍生土曜セミナー (10月15... 青木、第一打席の初珠で200安打達成 >>