列島縦断俳句スペシャル

 昨日の日曜日、11時から16時まで放送されたNHK・BS放送の番組。
 この種の特集は年に2回放送されるが、毎回全国から多くの投句がある。
 暇を持て余して家に居たので、投句してみた。
 兼題は、金子兜太氏出題の「猪」、鷹羽狩行氏から「小鳥」、そして岡本眸氏から「すすき」の三つである。
 早速、挑戦。
 「小鳥」と「すすき」からそれぞれ1句ずつ、併せて2句をFAXで送信。いつも話し中で混み合うが、タイミングもあるのだろう、今日はそうでもなかった。
 その後、選句の模様が放送されるが、長時間でもありその間は家族にチャンネルを譲る。
 そして、3時前から選ばれた99句の発表である。
 番組のHPで確かめたら、投句総数は6717句。
 もちろん、かすらず。
 しかし、自慢ではないが、5、6年前には鷹羽狩行氏の選で99選に入ったこともある。

 落選を確認した後は、ハイビジョン画面で「菊花賞」を堪能。
 危ないと思ったが、ディープインパクトは強い。「近代競馬の結晶」(実況アナのゴール地点でのコメント)である。
 その後、車で外出。昨夜の霧が信じられないような上々の天気。が、遅めの外出ゆえに帰宅した頃は真っ暗。
 ロッテは余裕の勝利。7戦までもつれたほうが、見る側には楽しみだが・・。
by ken28-575 | 2005-10-24 22:30 | 日記です | Comments(0)


<< 十五周年記念号 霧と日本シリーズ >>