イチロー

 第一打席のタイ記録は外にいて見ることができなかったが、第二打席の新記録となる258本目さらに259本目のヒットは我が家のテレビで見た。感動した。

 大リーグを代表する選手にまで上り詰めた今と4年前では、明らかに立つ位置が違う。その自負がにじんだのは、野球少年へのメッセージを求められた時だ。
 「こちらに来て強く思ったのは、体が大きいことに、そんなに意味はない。僕は大リーグに入ってしまえば一番小さい部類です。でも、こういう記録を作ることもできた。大きさや強さに対するあこがれが大きすぎて、自分自身の可能性をつぶさないで欲しい。自分自身の持っている能力を生かせれば、可能性はすごく広がると思う」(asahi.comより)

by ken28-575 | 2004-10-03 01:17 | 日記です | Comments(0)


<< 運動会 今夜のテレ朝 >>