サヨナラ!寝台特急出雲号

b0029438_26974.jpg 横浜ランドマークタワーにある横浜パシフィックホテルで開かれたパーティーに参加。
 終わって外に出ると、春満月である。
 ここからの夜景は見事だが、携帯による撮影で画像はあまり鮮明でないのが残念。


b0029438_224429.jpg さて、横浜駅に来てみると、カメラを持った大勢の人・・。
 なんだ、なんだ。
 東京とわが故郷を結びブルートレイン「寝台特急出雲号」のラストランではないか。
 早速、私もカメラを持った集団の中に加わる。 
 思い起こせば、初めて乗ったのは大学受験で上京した若干18歳の時だった。
 早朝の東京駅に到着。
 親戚のおじさんの所に世話になったが、地下鉄丸ノ内線の車内で見かけた半ズボンの制服姿の小学生がやけに大人びて見えたことを今でもよく覚えている。頭のよさそうな都会の小学生だった。
 その後、社会人になってからも、帰郷する度に何度か出雲号にお世話になったが、その頃の寝台車は上・中・下の三段で、他人のことがあまり気にならない最も安い上段をよく利用したものの、座っても天井に頭がつくくらい窮屈だった。今は二段のはず。
 名古屋に勤務していた頃もよく利用した。
 東京を夕方出発した寝台特急出雲号は、名古屋では夜の11時台の乗車となる。一杯ひっかけてすぐ寝てしまえば、目が覚める頃には車窓から日本海の青い海が見えてくる。
 去年の夏は子供らが帰郷する際に利用したが、以前は新幹線、今では飛行機を利用することが圧倒的に多い。
 さて、今の時間だと、もう京都を過ぎて山陰本線を走っている頃か。餘部鉄橋も通過する。

 横浜駅のホームには定刻より遅れて到着したが、気のせいか、かなりスピードを落としてゆっくりとホームに入ってきた。「危険ですから、黄色い線の~」と係員の何度も呼びかける声。
 駅のホームを離れて行く出雲号の車内を見ると、ビデオやカメラを持って撮影している乗客。中には私たちに手を振っている人もいる。
 完全に遠ざかってしまうと、まばらではあるが、拍手の音も聞こえ、私もちょっぴり涙ぐんでしまい、少し前のホテルのパーティーのことなどすっかり忘れてしまっていた。
 ホームから階段を下りて駅構内のドトールへ移動。
 撮影した画像を見ながらしばらく余韻に浸っていた。
 家に帰ってみると、田舎の母親から電話があったそうで、ラストランとなる東京行きの出雲号を見送ってきたとのこと。なんと、親子で上りと下りの出雲号を見送っていたことになる。
 さて、その出雲号はどのあたりですれ違うのだろう。

 土曜日は小石川後楽園で句会。

・・・・「芸術・人文」(全般)ランキング・・・現在40位台を低迷中・・・・
★よろしかったらクリック(投票)を! 人気blogランキングへ
by ken28-575 | 2006-03-18 03:06 | 日記です | Comments(4)
Commented by ハル at 2006-03-18 09:52 x
いつも楽しみに読ませていただいております。
「出雲号」のラストランの様子、とってもいいですね。
私も感動のおすそ分けをいただいた気分です。
偶然とは言え、人生に深くかかわった列車の最後に出会えたこと、本当に良かったと思います。これからも楽しいブログ、期待しております。
Commented by ken28-575 at 2006-03-18 10:26
ハルさま、はじめまして。お読みいただきありがとうございます。ハルは春でしょうか?
Commented by ハル at 2006-03-19 08:37 x
はい、春生まれなのでハルとしました。
昨夕のニュース、餘部鉄橋通過時の出雲号が取り上げられていました。
大勢のファンでしたよ。
Commented by 不悟 at 2006-03-19 17:09 x
私は「寝台特急出雲号」の最終便、上り下りの両列車に乗りました。列車の中は全国各地からの鉄道ファンで大賑わいでした。

ラストラン「出雲」車窓に梅の花


<< 藍生土曜セミナー (3月18日... 蕎麦屋のテレビ >>