32℃

b0029438_0502744.jpg 夜来の雨もあがり、朝から晴れわたって気温もぐんぐん上昇。
 大通りで、気温を示す表示板を見るとなんと32℃。「嘘だろう!」「否、やっぱり!」。
 調べたら正式な気温は30℃だが、それは測候所のある場所でのこと。暑い、暑い。
 さて、列車の中が冷房も効いているだろうと、ローカル列車に乗り込む。
 行先は決めずに切符も最低料金を買う。ガラガラで市街地から山間へ20分ほど行ったところで下車。
b0029438_124978.jpg  この画像、なんでもない景色だが、なかなかいいものだ。よく見ると遠くに削られた山がある。
 山肌が寂しいが、これが眼前の「今」である。
 ローカル線ゆえに帰りの時間を確認すると、1時間に2本程度だ。
 駅前の大きな地図を見て、近くの神社まで行く。
 特に著名な社でもなく、幼稚園が併設されていた。
 こういうちょっとした「旅」も面白そう。

誰も来ぬ神社黄金週間了る  研一

★よろしかったらクリック(投票)を! 人気blogランキング
by ken28-575 | 2006-05-08 01:16 | 日記です | Comments(0)


<< 曇天 片句わかめ >>