スライサー

b0029438_027374.jpg コメントがきっかけで早速スライサーを購入。このコメントがなければ思いつくこともなく、包丁で不器用なことを続けていたはずだ。
 同じフロアーに100ショプがあるが見向きもせず、一般品を買う。
 何種類かあったが、メーカーが安全剃刀の貝印㈱というのが気に入り、オーソドックスな「セラミックスライサー(指ガード付)」を。
 さて、玉葱、豆腐、かつおパックはご推薦の「にんべん」は見当たらず、マルトモの3グラムパック20袋入り、それとキューピーの胡麻入りドレッシング。
 最初スライサーの要領がよくわからなかったが、玉葱2個をスライスしまあまあ慣れてきた。 明日は、さて胡瓜でも切ろう、楽しみだ。
 で、残っていた胡瓜とハムに、スライスしたばかりの玉葱、それにかつおぶしを加えたが、食べる段階になって豆腐のことを忘れていた。ポイントはこの豆腐にあったはずだが、明日の夕食には必ず・・。
 今回も玉葱をスライスする時の涙にはいたく感動。一種の快感でもあり出るに任せていたのであります。

剥くほどに玉葱色の涙かな  研一 

★よろしかったらクリック(投票)を! 人気blogランキング
by ken28-575 | 2006-05-16 00:52 | 日記です | Comments(0)


<< 食事と俳句 にわとり in 神社 >>