夏祭は一時雨

b0029438_0193128.jpg 日中は真夏の陽射し。
 近くの大型マンションも、久々に陽射しを浴びてなんとなく微笑んで見える。このマンションは私が来た頃に売り出され、全戸100㎡以上が売りで、価格も東京に比べかなり格安のお買得物件。

b0029438_0172061.jpg






b0029438_0173953.jpg

 夕方、近所まで帰ってきたら、太鼓の音が聞こえてきた。
 なんと「夏祭」に遭遇である。
 出かける時に何か普段とは様子が違っていたが、夏祭だったのだ。
 地元の商店街主催で、大通りが歩行者天国に変わり、両側の歩道には夜店がずらりと並び、集団で歩いている小中学生の女の子はほとんどが浴衣姿だ。
 ところが、途中から雨になり、始めは降ったり止んだりでよかったが、その内にかなり激しくなってきた。
 大通りでは子供たちのミニサッカーが予定され、「サッカーの試合は雨の中でも行われる」と司会者が言っていたが、危険と言うことで結局勝負はジャンケンに変更されたようだ。

 さて、私には「傘がない」。
b0029438_0175295.jpg しばらく歩道のアーケードの下で雨が小ぶりになるのを待つ。
 ふと思いついき、夕食の足しにしようと夜店で「たこ焼き」(1パック8個入り・400円)を買う。
 雨は止みそうにもない。あきらめてスーパーで傘を買った。スーパーの中の飲食コーナーは、祭りに来た人たちが流れ込み混み合っていた。

 で、外へ。
 新品のにおいのする買ったばかりの傘を開くと・・、雨は小降りに。傘がなくても大丈夫だった。よくあることで、世の中はこんなもの。
 遅い夕食は、たこ焼きがご飯代わり。
 この「たこ」もモロッコ沖産か。パックから皿に盛るとちょい高級品に見えた。たこの歯ごたえよし。

 夏祭りシェフのたこ焼き明石産  研一

  ★よろしかったらクリック(投票)を!  ⇒ 人気blogランキング
by ken28-575 | 2006-07-09 01:07 | 俳句あり | Comments(0)


<< こども電話句会 短冊 >>