炊き込みご飯

b0029438_0111733.jpg 三合の炊飯器に炊き立ての「鶏肉入り炊き込みご飯」。
 ご当地産と思い袋詰めの具を買ったら隣の大分県の日田産でした。地鶏はこちらも特産で炭火焼はおいしい。
 さて、炊いた後で困ったことになったなと・・。
 具が三合分あり米もその量を炊いたのはいいが、朝食はいつもパン。
 従ってこの量は5~6食分ということになり、夕食はしばらく炊き込みご飯が続くことになると思いぞっとした。「トリ肌」ものだ。
 まあ、飽きたら普通のご飯を炊けばすむことだが、それでは炊き込みご飯の保存日数が問題となる。今日の夕食は炊き立てでおいしかったが、残りは容器に入れて冷凍保存。白米ならまだしも、解凍した時の具の風味が心配だ。
 秋の季語かと「炊き込みご飯」を調べたら、竹の子もあり無季である。「鶏飯」とも違う。

炊き込みご飯食べるぞあしたもあさっても
 これって俳句というよりもスローガンであります。
 ☆遅くなりましたが、「亀の会(8月6日)」UPしましたので、どうぞ。  

   ★よろしければ清きワンクリックを!  人気blogランキング
by ken28-575 | 2006-09-05 00:40 | 日記です | Comments(2)
Commented by KUMI at 2006-09-06 22:53 x
こんばんは
おいしそうな炊き込みご飯ですね!大分・宮崎の地鶏は最高ですから。
筍は冷凍には?です。他の具は大丈夫と思いますけれど。
Commented by ken28-575 at 2006-09-06 23:04
昨日は外食で今日食べました。冷凍でも味変わらずでOK。


<< 夕方から雨が 空港で夕食 >>