喪ハガキ

b0029438_11484126.jpg 冬晴れの快適な一日で、最高気温も16℃を超え、布団を干した。
 夜も部屋の中は暖房なしでも平気。
 日没を見届けてから外出。
 年賀状もようやく目処がついてきたが困ったことが一つ。

b0029438_11491142.jpg 喪ハガキが向こうにも届いており、それを確認しようと電話したら、今朝まとめて封書で郵送したとのこと。
 6枚ほどあったということで、到着は月曜日だ。
 従って、その分を確認してから投函することになる。

b0029438_11494817.jpg もう少し早く確認すべきであった。
 宛名の印刷は今夜でほぼ完了し、後は全員ではないがコメントを入れるだけ。
 その喪ハガキのことだが、こちらの分をあわせると10枚以上になる。
 ここ数年、私の年齢からして当然ではあるが、結構多くいただく。
      ★よろしければクリックを!人気blogランキング

by ken28-575 | 2006-12-24 02:28 | 日記です | Comments(2)
Commented by かつこ at 2006-12-24 15:54 x
1枚目のお写真、すごくきれいですね。
星と月がお見事!
喪中のはがき、本当に多くなりましたね。
やっぱり年齢のせいでしょうか・・・。
私も今夜は年賀状作業しよっと。
Commented by ken28-575 at 2006-12-25 00:02
クリスマス・イヴですね。
すみません、三日月の左上、星に見えるのは上昇中の飛行機です。
マイルームからの眺めが気に入ってます。季節の移り変わりを感じます。


<< イヴの夜は 忘年会のお楽しみ >>