結社誌届くも

 ブログのタイトルに「俳句」を標榜しながら、あまり自分の俳句を掲載していないが、月に1度届く結社誌から、選句された句を毎月このブログに載せている。
 その結社誌5月号が木曜日に届いた。
 「創刊二百号記念号」はいつもより部厚い122ページで、読み応えのある特集も組まれている。

 さて、いつものように冷や冷やしながら、私の俳句は何句欄に?
 ない。私の名前が見当たらない。先月は前の県名で出してしまい、すぐ気づいたが、今回はそのT県にもない。
 ありえない巻頭20人かと思い・・、あるわけがない。
 結論は単純で、締め切りに間に合わなかったということ。
 懸賞の締め切りではないので、毎月10日の必着も多少アバウトと勝手に思い、これまでもそれに甘えて締め切りの10日過ぎに投句することも多く、それでも今回のようなことは、結社に所属して10年ほどになるが1度もなかった。

 今月号の締め切りは2月10日である。
 思い出せば2月11日に「街道一人旅」を始めており、「一人旅」の句も入れようと投函が遅れてしまったようだ。(投句に入れるような句は出来なかったが)
 要するに、今回は主宰にまとめて渡す時点で到着しなかったということで、致し方ない。
 締め切りを守らなかった私の責任であり、大いに反省である。
 来月号に2か月分まとめて載ることになるだろう。

    ★よろしければクリックを!目標25位以内! 人気blogランキング

by ken28-575 | 2007-04-27 00:48 | 日記です | Comments(0)


<< ゴールデン ウィーク 始まりました >>