嬉し

 結社誌11月号が届く。
 自分の名前がないぞ。3句欄、4句欄、ひょっとして2句欄、ない。
 ひょっとしたら・・・。「選評と鑑賞」で取り上げられるギリギリ10人目にあった。4句だ。 (8月10日締め切りの投句)

語り部のおほかた女人原爆忌  研一 
 作者は男性である。この一行に説明や解説は要らない。原爆忌の句としてこれから記憶されてゆく作品であると考える。


 5句投句で、この句は4番目とした句。
 いつも迷いながらではあるが、自信句から順に書く。主宰はこの句を1番目に。
 とにかく嬉しかった。
by ken28-575 | 2004-10-27 01:41 | 俳句あり | Comments(0)


<< 大山、初冠雪 角川俳句賞 >>