カテゴリ:街道一人旅 兵庫県北部(73~( 6 )

カニ かに 蟹

2013年12月8日(日)
 第77回 「街道一人旅」 【香住→柴山→佐津】 31,000歩

 先々週の日曜日、歩きました。
 最高気温が10℃を超え、歩いても寒さは感じなかったが、ここ数日は最高気温も一けた止まりで、しばらくは無理かと・・。
b0029438_2356536.jpg

b0029438_2358538.jpg

 山陰海岸は松葉がにの最盛期。香住で「かにまつり」に遭遇。
 コンビニ弁当を買っており食べなかったが、折角の機会だったと後悔した。新鮮さが違うはずである。

 それと、生のカニの写真を撮りそこなった。水槽にいたのだが、高価なもので1万円以上の値札が。

 行きの車内で日経新聞を。日経新聞の「俳壇」の選者は主宰も担当。

 本日は終戦記念日であり、そして「特定秘密保護法」のニュース。

b0029438_23563282.jpg

 この辺りは、リアス式海岸が続き、平坦地は少なく、道も町の中心部を外れると上りになり峠へ、そして下って隣の町へというパターン。
 JRのトンネルも多いが、道路も峠付近はトンネルだ。
b0029438_23565471.jpg

 海岸を眺めると気も安らぐ。波音も心地よい。
b0029438_2357694.jpg


人気ブログランキングへ


by ken28-575 | 2013-12-19 00:27 | 街道一人旅 兵庫県北部(73~ | Comments(0)

餘部鉄橋の絵

2013年12月1日(日)
 第76回 「街道一人旅」 【久谷→餘部→鎧→香住】 32,502歩

 先日の続き、と言ってもこの2枚の画像です。

 餘部鉄橋の真下にある鉄道グッズの店内に掲げられていた絵。
 架け替え前の鉄橋で、なんとなく昭和の雰囲気が漂います。
b0029438_0154741.jpg

 こちらは、山道の途中にありました。ちょっとした広場で眺めもよく、ここで昼食でした。
b0029438_0152515.jpg


人気ブログランキングへ
by ken28-575 | 2013-12-08 00:17 | 街道一人旅 兵庫県北部(73~ | Comments(0)

駅開設まで鉄橋完成から47年(久谷→餘部→鎧→香住)

2013年12月1日(日)
 第76回 「街道一人旅」 【久谷→餘部→鎧→香住】 32,502歩
b0029438_0424680.jpg

b0029438_0435187.jpg
 有名な餘部(あまるべ)鉄橋。

 しかし、鉄橋は完成しても住民は見上げるだけで隣の鎧(よろい)駅まで歩かざるを得なかった。駅が完成したのは昭和34年。

 それまでは、隣の駅まで車も通らない約2.6キロの山越え道もあるが、高い鉄橋まで上がり、そこから4つのトンネルを抜けて辿り着いたとのこと。
 列車の本数も少なく、線路を歩くことは黙認だったということだ。

b0029438_04882.jpg

 その、山越え道を歩いてみた。上ったり下ったりで結構きつい。

 上り始めた場所から鉄橋を見る。

b0029438_0445012.jpg

 鎧から香住までは道路を歩いたが、途中トンネルが2か所あった。
 香住は、ちょうど松葉ガニのシーズンだが、カニの看板は目につくもそれらしき気配なし。市場は駅から先の方らしい。
 香住駅まで来ると、停車中の特急も大阪行きだ。
 帰りは鳥取から特急に乗り換えて3時間もかからず。次回はカニだ。

人気ブログランキングへ

by ken28-575 | 2013-12-04 01:13 | 街道一人旅 兵庫県北部(73~ | Comments(0)

携帯電話紛失騒動の巻

2013年11月24日(日)
 第75回 「街道一人旅」 【断念し湖山池周辺】 25,601歩

 6月以来だ。初冬の好天に恵まれ、兵庫県北部を予定していたが、結局断念。
 その訳はタイトルのとおり。
b0029438_0231663.jpg

[顛末]携帯電話紛失騒動の巻

①10時前。
 鳥取で特急から城崎行きの普通列車に乗り換えたが、携帯電話がないのに気づく。
 しまった、特急列車に忘れたようだ。
  さて、予定通り進むとしても、まず届けないと・・。下車予定の久谷駅は無人駅で電話ボックスもないだろう。
②途中の岩美駅で下車。駅員もいたが、駅を出て公衆電話から鳥取駅に連絡。公衆電話は何年ぶりだろう。ボックスの中がこんなに狭いとは。
③調べるので、また連絡してくれとのこと。 特急は終点で折り返し運転のはず。そうすると島根方面に向けて走行中かと不安になってきた。
④一人旅は断念し鳥取駅まで戻る。

b0029438_0542169.jpg

⑤11時過ぎ。
 鳥取駅の改札口で駅員に尋ねると、「電話は確認できたが、列車は湖山駅の車両基地に回送され、隣の湖山駅まで行ってもらうか、着払いでも・・」

 駅員は若い女性でてきぱきして嬉しかった。

 取りに行くことにしたが、湖山駅に止まる列車の出発まで1時間以上ある。

 それまで、市内をぶらつく。

b0029438_0551743.jpg

④1時過ぎ。
 湖山駅で受け取りやれやれ。車両基地まで1キロほどあり、連絡を受けて探しに行ったとのこと。

 ありがとうございました。

⑤車両基地で幸いだった。
 引き続き運行していたら今日中には無理だったはずで、発見されない可能性もあった。 以上です。
b0029438_0582668.jpg

 その後は湖山池周辺を歩き、末恒駅から帰途についた。

 JRのみなさまに感謝です。ありがとうございました。



人気ブログランキングへ

by ken28-575 | 2013-11-25 01:13 | 街道一人旅 兵庫県北部(73~ | Comments(4)

海は見えず(浜坂→久谷)

2013年6月2日(日)
 第74回 「街道一人旅」 【浜坂→久谷】 18,601歩

 3月下旬以来だ。季節としては4、5月がよかったが間隔があいた。
 梅雨入りし青空はなく最高気温も25℃以下。
 宮崎時代に歩くには25℃を超えると厳しいことを体験し、あらかじめ予想気温も確認した。
 この絵のモデルは?
b0029438_0384047.jpg

b0029438_0402060.jpg

 浜坂は夢千代日記の湯村温泉の下車駅だが、駅から南方の山あいまでかなりの距離がある。

 それでも浜坂駅から歩いていると、このレトロなシャッターに出くわした。ここにも源泉があり、この周りの全戸に供給されてるとのこと。

 花との出会い。
b0029438_0405741.jpg
 この季節は咲く種類も多いが、名前が分からないものも。

 さて、兵庫県北部の山陰海岸沿いであるが、本日のコースに海べりはない。海岸沿いの道路もあるが、かなり大回りでかつアップダウンも多いらしく避けることにした。それと駅から遠ざかることもある。
b0029438_0412137.jpg
 浜坂から一つ先の久谷で終えたが、その先の餘部に向かうコースは峠越えで次回に持ち越すことにした。
 道路地図は車用に作成され、アップダウンが読み取りにくいのだ。

 本日、気になったポスター。 橋幸夫さんがやって来る。 廃屋には安倍総理と石破幹事長。
b0029438_0442058.jpg

 次回の餘部はあの鉄橋で知られたところである。

人気ブログランキングへ

by ken28-575 | 2013-06-03 00:48 | 街道一人旅 兵庫県北部(73~ | Comments(0)

姫路ナンバー(東浜→浜坂)

2013年3月24日(日)
 第73回 「街道一人旅」 【東浜→浜坂】 27,520歩

 4か月ぶりの一人旅は県境越え。
b0029438_0331210.jpg
 サーフィンは鳥取県の東浜海岸。去年の11月も見かけたが、その時より多い。

b0029438_0341784.jpg
 七坂八峠から兵庫県へ。

 通過する自動車のナンバーは姫路ナンバー。

 姫路は山陽側のイメージが強く、日本海側のこの辺りは山陰ではないかと違和感を覚えたが、兵庫県のナンバーは「神戸」と「姫路」の二種類なのだ。

b0029438_0354644.jpg
b0029438_0361555.jpg
 春の日差しが気持ちよい。景色もよし。
 歩いた道路は「但馬漁火ライン」だそうだ。鳥取県に隣接の兵庫県新温泉町(旧浜坂町)。JR山陰線では居組駅が近い。
 海岸線から離れ、のどかな気分で住宅街の狭い道に入り込むと、偶然にも壁の文字を見て足が止まってしまった。
 かなりかすれているが、「浜坂火力発電設置反対町民協議会」、「浜坂原子力発電設置反対町民協議会」。
b0029438_0364021.jpg
 こういう動きがあったことは知らなかった。その計画は今も消えてないのか。
 設置反対の看板は撤去されることなくそのまま。
 関西電力はこういう所に原発を計画していたのだ。東京電力の設置した福島県の太平洋沿岸と重なった。
 右側の「原子力」の文字をよく見ると、おそらく「3.11」以降に掠れた文字の上に書きしるしたと思われる。
b0029438_0371687.jpg
b0029438_0465575.jpg
 桜の満開まではもう少し。「原発反対」の看板には予備知識もなく驚いた。
b0029438_0372978.jpg
 居組駅の構内。
 居組は日本海に面した比較的大きな集落だが、駅は集落から山側に約800m程離れており、駅の周囲には民家はほとんどない。そのため、いわゆる秘境駅として紹介されることがある。(ウキペディアより引用)
 本当には何もない。駅舎のみ。道路は駅で行き止まり。
 次回もさらに兵庫県の日本海側を東へ進む。


人気ブログランキングへ
by ken28-575 | 2013-03-25 01:32 | 街道一人旅 兵庫県北部(73~ | Comments(0)