カテゴリ:俳句あり( 213 )

平成29年8月号

研一 (5月10日締切)
   陽炎のやうに無職となりにけり
   柏餅鬘の似合ふ旅役者
   花びらを追ふ花びらのあの世まで
    没句
    花びらを落として後の長きかな
    あたたかやロープウェイの箱の中

 

b0029438_00100071.jpg

by ken28-575 | 2017-07-31 00:10 | 俳句あり | Comments(0)

平成29年7月号

研一 (4月10日締切)
   清明や職退くも変りなく
   職辞して平日十時花の下
   渡し舟向きを揃へて花を待つ
    没句
    春寒しロープウェイの箱にかな
    裏山の桜遅れることもなく

 
(3月25日・滋賀県近江八幡市)
b0029438_00020041.jpg

by ken28-575 | 2017-06-28 00:06 | 俳句あり | Comments(0)

平成29年6月号

研一 (3月10日締切)
   雛の顔益々若くなりにけり
   雛飾る静かな部屋に雛飾る
   雛壇の屏風の裏にギリシア文字
   檜扇を持たせ女雛となりにけり
   没句
    灯を消せば雛人形も目を瞑る
 
久々の4句欄です。
主宰の選評から(1句目)・・「類想なし、新鮮である」
b0029438_21034502.jpg


by ken28-575 | 2017-05-27 21:10 | 俳句あり | Comments(0)

平成29年5月号

研一 (2月10日締切)
   寒の入云はれなくても寒に入る
   ニン月やほつたらかしの梨畑
   喜びをよぶニン月の光かな
   没句
    頬被りして裏山の梨畑
    立春の大雪春を引き寄せる

 
b0029438_09403012.jpg

by ken28-575 | 2017-04-28 09:43 | 俳句あり | Comments(0)

平成29年4月号

研一 (1月10日締切)
   初夢に美しすぎる父と母  母と父
   大皿に風呂吹二つ妻六十
   詐欺被害防止の賀状署から受く
   没句
    白鳥不在真昼間の水平線
    午後からの時間を余す三日かな

 

先日訪れた近江八幡市。桜の開花はそろそろでしょうか。
b0029438_21502299.jpg

by ken28-575 | 2017-03-31 21:53 | 俳句あり | Comments(0)

平成29年3月号

研一 (12月10日締切)
   通院の帰路白鳥に逢ひにゆく
   押入れのにほひそのまま冬帽子
   青色とも白色とも冬の空
   没句
    冬空に切り傷一つありにけり
    荷台揺れ大根の葉の踊りだす

 
 先日の大阪からの帰路。特急列車の車窓から大山を。この方向から見える姿を、俗に「裏大山」と呼んでいます。
b0029438_20550877.jpg

by ken28-575 | 2017-02-27 21:01 | 俳句あり | Comments(0)

平成29年2月号

 研一 (11月10日締切)
   白鳥来原発避難指示区域
   白鳥来二十日後数へきれぬほど
   立冬や地震の様子を寺に聞き  聞き聞く
   地震続く墓倒れずに冬に入る
   没句
    大統領選挙姦し柘榴の実
久々の4句欄。地震は昨年10月の鳥取中部地震のことです。   


by ken28-575 | 2017-02-01 23:08 | 俳句あり | Comments(0)

平成29年1月号

 研一 (10月10日締切)

   風呂の湯を抜く虫の音に逆らつて
   安保法一年虫の鳴きつぷり
   昼の虫人もまばらな選果場
   没句
    硝子戸を拭く曼珠沙華の高さまで
    九一九奇数の並ぶ子規忌かな

   

俳壇1月号の目次です。主宰の名前の表記に誤りあり。95ページ「私の俳句遍歴」です。本文には誤りなし。
b0029438_17202684.jpg

by ken28-575 | 2016-12-31 17:24 | 俳句あり | Comments(0)

平成28年12月号

 研一 (9月10日締切)

   バリカンの首筋に来て秋澄めり
   よりかかる同じ模様の秋の蝶
   鉦叩一打も十の手前まで
   没句
    出番待つ見えねど虫の姿して
    二百字詰原稿用紙白桔梗     

   
  この画像は10月初旬の米子水鳥公園。白鳥の飛来前です。
b0029438_20555452.jpg

by ken28-575 | 2016-11-30 20:58 | 俳句あり | Comments(0)

平成28年11月号

11月号(8月10日締切)  研一

   冷房に馴らされてゆくからだ
   薄つぺらな箱の中から海水着
   客帰り客間に残る涼しさよ

    没句
     客帰りそのまま使ふ蚊遣香
     ぶら下がる姿も知らず青胡瓜

 二句目の「海水着」は6月に投句し、既に9月号に掲載された句。みっともないことに失念しておりました。
      

 今年も年賀状の発売が近づいています。
b0029438_21573127.jpg

by ken28-575 | 2016-10-27 22:01 | 俳句あり | Comments(2)