カテゴリ:俳句あり( 209 )

平成28年6月号

6月号(3月10日締切)  研一

   笑はぬも笑ふも男山笑ふ
   防虫剤半分に切り雛しまふ
   鳥籠の中は空つぽ猫の恋

    没句
     春雨や履歴書三通用意して
     雛しまふ着替へを持たぬ雛人形


 

by ken28-575 | 2016-05-30 22:53 | 俳句あり | Comments(0)

平成28年5月号

5月号(2月10日締切)  研一

   鳥籠に鳥籠を載せ春めかす
   薄氷に大きな鳥の下りて来し  薄氷に ← 薄氷や
   欄干の隙間すり抜け春来たる

    没句
     日蔭から日向に移す冬の朝
     一本と呼ぶ大寒のタオルかな

 

by ken28-575 | 2016-04-24 21:54 | 俳句あり | Comments(0)

平成28年4月号

b0029438_21594581.jpg
4月号(1月10日締切)  研一

   妹のピアノに紙の松飾
   生き物である白鳥の足の裏
   煮凝を裏返すとは何事ぞ

    没句
     ゆりかもめ時に軍団めく動き
     冬帽子嫌ひなことも好きになり

 

by ken28-575 | 2016-03-27 22:00 | 俳句あり | Comments(0)

平成28年3月号

b0029438_0131038.jpg
3月号(12月10日締切)  研一

   開戦日賑はふ果物売場かな
   忘年会受付嬢も平服で
   マイナンバー白封筒にて十二月   


二十五周年のつどい記念句会
(H27.11.8・學士会館)

   可決から五十一日冬に入る


     
俳句・短歌 ブログランキングへ
by ken28-575 | 2016-02-28 00:15 | 俳句あり | Comments(0)

平成28年2月号

b0029438_2264161.jpg
2月号(11月10日締切)  研一

   鵙大群鵙の隙間に鵙を入れ
   離れ来て白鳥大きく羽ばたけり
   冬ぬくし安保法のこと忘れをり
   十一月国会無防備閉会中

    没句
     藍生二十五周年藍色の冬薔薇

2月号(10月10日締切)  研一

   初孫も早や八ケ月白鳥来る
   秋の蟻何も持たずに下りて来し
   十月の指差す先に隠岐の島

    没句
     庭の木を切る十月の風の中
     蜘蛛の囲に蜘蛛を探すも暮の秋

 投句の締切りに遅れ2回分をまとめての掲載。久々に4句欄でした。

     
俳句・短歌 ブログランキングへ
by ken28-575 | 2016-01-28 21:52 | 俳句あり | Comments(0)

平成27年12月号

12月号(9月10日締切)  研一

   八月の雨すぐ乾く永田町
   雨降れば雨止む九月永田町
   風鈴の紐取替へることもなく

    没句
     逆さ地図恐ろし台風落ちて来る
     空箱の中に空箱稲の花

b0029438_0112566.jpg


 早いもので永田町のことも遠い過去のことのような・・。


 
俳句・短歌 ブログランキングへ

by ken28-575 | 2015-12-01 00:13 | 俳句あり | Comments(0)

平成27年11月号

11月号(8月10日締切)  研一

   正面を向いて客待つ扇風機
   ビーチサンダル赤ん坊を抱きかかへ
   日経を買ふ朝焼の日曜日

    没句
     太陽光パネル惑はす夏の月
     空蝉の石燈籠にも葉裏にも

 
俳句・短歌 ブログランキングへ
by ken28-575 | 2015-10-26 20:27 | 俳句あり | Comments(0)

平成27年10月号

10月号(6月10日締切)  研一

   ブルーインパルス卯波の彼方より
   老いてより詳しくなりぬサングラス
   町内会メロン一切れ持帰る
   夏暖簾吾をくるんでくれないか

    没句
     控えのノートが行方不明のため不明

10月号(7月10日締切)  研一

   戦争の足音を消す靴白し
   蚊遣香外に持出し煙草喫ふ
   幼にはつかまりにくき海水着

    没句
     突堤の上ひた走る夏の波
     蜘蛛の囲を伸ばせば妙な阿弥陀籤

 前月号は締め切り後のため掲載されず、今月号にまとめて2回分の掲載。 久々に4句欄。
 今月号は到着が遅れたが5連休の影響か。

     
俳句・短歌 ブログランキングへ
by ken28-575 | 2015-10-02 00:28 | 俳句あり | Comments(0)

日経俳壇 そして平成27年9月号

 新聞俳壇も数あるが、その中でも特に注目の日経俳壇。
 ここ数か月、今の時代を背景に詠まれた作品が並ぶ。
 「敗戦忌・原爆忌・八月十五日・憲法・七十年・デモ・八月・九条・オキナワ・父・終戦・・・」
 この画像に「原発」の句は見当たらないが、「3.11」以降数多く掲載されてきた。
 (8月23日と8月30日より)
b0029438_20174285.jpg
そして、昨日の国会前の状況を伝える朝刊。
b0029438_2018169.jpg
 マスコミは安保法案に異議を唱える行動を多く伝えているが、賛成派はどうかと動画サイトを検索して「アンポ サンセー」のシュプレヒコールでデモをしている動画のいくつかを見た。
 プラカードも「賛成」「反対」の違いはあるが、書体はよく似ている。「賛成派」には日の丸と和服姿が目立つ。
 国会周辺には警察発表3万3000人、新宿には500人(こちらは主催者発表)集まった。66対1である。
 朝日の1面であるが、右に国会デモ、左に住宅耐震ではと思わざるを得ない。自主規制か?

 さて、結社誌9月号(創刊25周年・通巻300号)が届くも、載ってなかった。
 締切りを過ぎてしまったようだ。次号で2か月分ということになろう。
 で、7月の「全国のつどい」特集から一句。

 古茶新茶平和憲法七十年 研一


俳句・短歌 ブログランキングへ 
by ken28-575 | 2015-08-31 21:05 | 俳句あり | Comments(0)

平成27年8月号

8月号(5月10日締切)  研一

   母の日や宙ぶらりんのまま了る
   母の日の妻母であり妻であり
   大人から監視される日こどもの日

    没句
     現在、投句(控)のノートが行方不明のため、UPできません。

 ↓ カーネーションではありません。
b0029438_2354511.jpg


俳句・短歌 ブログランキングへ
by ken28-575 | 2015-07-28 00:01 | 俳句あり | Comments(0)