<   2005年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

第21回 坂東吟行(八溝山日輪寺・茨城県大子町、8月28日)

b0029438_23482496.jpg 今回は、前泊をせざるを得ない遠方での句会。
 奥久慈の大子町の宿泊先は温泉で、その夜は二回入った。

 しかし、のんびりすることもなく、やはりそこは句会のメンバー。
 夕食後、部屋に9人が集まり、敷かれていた布団を片付け、11時過ぎまで句会。
 兼題は「葛の花」「稲」「野分」で、当季雑詠を含み5句出句。
 この句会で勉強になったのは、いわゆる「キセル俳句」について。
 上五と下五の両方に名詞を使うことはよくない。句に広がりが欠け、余韻もなくなる。
 その例となった句は、実は私の出句で、兼題の「葛の花」を上五にそのまま使ってしまった。
 「葛咲いて」とされたらとの指摘。知ってはいたが、言い訳しても始まらない。

b0029438_23485018.jpg
b0029438_23501131.jpg







 さて、句会当日はマイクロバスで八溝山の山頂へ。
 ここは茨城・福島・栃木の三県にまたがるところで、標高は1,020m。
 そこから300mほど下がったところに八溝山日輪寺があるが、「遥拝ですましてしまう者がいたほどの坂東札所第一の難所」だそうだ。
 あいにく、雲海にはばまれて視界はもうひとつだったが、その雲海は見事。

b0029438_23494710.jpg 宿泊した余暇開発センター「やみぞ」に戻って、1時から句会。53名が3句出句。
 前日に袋田の滝を訪れた方も多く、滝の句も多く出された。
 私はパッとせず、一般選で一度名乗っただけ。

 今回の吟行地は、水戸から水郡線のローカル列車に乗って約1時間半もかかる奥地で、再び訪れることはないだろうと思いながら、大子の駅を後にした。
 自宅には9時前に辿り着いた。

雲海に総身ゆだね日輪寺 研一
by ken28-575 | 2005-08-29 00:35 | 句会日記 | Comments(0)

坂東吟行

 明日の吟行(八溝山日輪寺)に参加するため、これから常陸大子まで行きます。
 日帰りでは無理なため、参加者は前泊です。
 結社の皆様とは、やや久々の顔合わせとなります。
by ken28-575 | 2005-08-27 12:40 | 日記です | Comments(0)

はい

 昨日の「コメント」に書き込みをしていただいた句友の皆様、ありがとうございます。
 メールもいただいたり、またFAXもいただいたりで、ありがたいことです。
 正直、うれしいです。
 実は、知らせをいただいたのは一ヶ月以上前の7月20日でした。
 本日まで、このことは家族にしか話していませんでした。というよりも、話すことができませんでした。
 9月の例会で発表されるかと思っていましたが、早々の発表でした。
 10月号に掲載予定の「自選10句」「プロフィール」「感想」そして「顔写真」は、すでに事務局あて送付をしております。
 家族に話した時、息子は「新人王?」と怪訝な顔をして問い返してきました。

 ありがとう、ございました。
by ken28-575 | 2005-08-27 02:46 | 日記です | Comments(0)

空振り

 月の後半にはメール句会に参加しているが、その結果が届く。
 なんと、今回は一句も選句されず・・。
 5句投句で3句選。
 総出句数55句の俳句作品から、自分の5句を引いた50句、ここからの3句選である。
 従って、かなりの厳選で、今回の最高は4点句が1句、次いで3点句が1句。
 こういう事を書いていると、言い訳めいてくるが、やはり駄目なものは駄目である。

 空振りに終った中から1句。
西日中吊革の腕男めき  研一

 実は、出句した後に気づいたが、5年前の自分の俳句の下五を差し替えただけで、進歩なし。
西日中吊革の腕他人めく  研一

 ついでに、石田波郷氏の作品に、 『西日中電車のどこか掴みて居り』 がある。

 ただいま、台風接近中。風も出ており、雨も激しくなってきた。
 当地には夜明け頃に通過の模様。
by ken28-575 | 2005-08-26 01:10 | 俳句あり | Comments(6)

帰省

 b0029438_241423.jpgb0029438_2443522.jpg 

 少し遅い夏休みを利用して、週末から帰省し、火曜日に帰って来た。

 盆も終っており、特に行事もなく、両親も元気で、ゆっくり過ごすことができた。
 衆議院解散の話題は地方も同じ。否、地方の方が色々ありである。
by ken28-575 | 2005-08-24 02:49 | 日記です | Comments(0)

夏の月

b0029438_1471528.jpg 今夜の月は美しい。

 甲子園はいよいよベスト4の激突だが、もう一つ盛り上がりに欠けてないか。
 今は選挙モード一色である。

 夜、駅のホームに蝉が落ちてきた。
 白っぽい腹を上にし最後の一鳴き。脚を震わせそして動かなくなった。

 蝉は地上に出てから、鳴けるだけ鳴き、わずかな日数で死を迎える。
 死に場所を求めて地上に現れ、そして地に戻ってゆく。

 死に場所を選ぶでもなし夜の蝉  研一
by ken28-575 | 2005-08-19 02:07 | 俳句あり | Comments(0)

地震

 昼前の地震。かなり長かった。
 後半は怖くなり、立って机に両手をあてて治まるのを待った。
 人間の無力さを痛感。
by ken28-575 | 2005-08-17 00:55 | 日記です | Comments(1)

終戦記念日

 b0029438_23424055.jpg
 十二時過ぎ、地下鉄の九段下駅構内には機動隊員の姿が。

 地上に出てみると、なにやら騒々しい。

 集団が機動隊と制服の警察官に取り囲まれ、歩道を靖国神社とは逆方向に移動させられていた。

 ネットのニュース報道によると、「区道上で、警戒警備中の機動隊員の肩を押すなどして、機動隊員の警備活動を妨害したなどとして、警視庁は公務執行妨害や器物損壊の疑いで○人を現行犯逮捕した」とのこと。
 私が目撃したグループは少人数の規模で、「追悼反対」のプラカードを持っていた。
 どうやら、近くの靖国神社周辺から機動隊によって移動させられただけで、逮捕にまでは至らなかったようだ。

 久しぶりに動きのある機動隊の集団を見た。あの時代と同じ色形の制服。
 この模様を欧米風外国人がビデオ撮影していたが、機材(後方正面やや左上の黒っぽい物体)から判断して、しかるべき海外メディアだろう。
 目の前のことは、本日の我国のほんの一こまに過ぎないが、メディアで取り上げられる時には、どのようにでも加工編集が可能であり、カメラの眼は恐ろしい。
 私が撮影したこの画像も、見る人によってその印象も異なるだろう。(あえてグループの姿が確認できない画像を選択した)
 暑い一日だった。

終戦忌は一日のみよ軍歌バー  研一
by ken28-575 | 2005-08-15 23:49 | 俳句あり | Comments(0)

真夏の猿回し

b0029438_0545890.jpg 夕方近くになって、よく行く幕張へ。
 アウトレットのガーデンウォ~ク幕張の入り口に人だかり・・。
 なんと、猿回しではないか。
 浅草寺の境内でよく見かけるが、どうも出し物からして同じ一座らしい。
 一通り終ると、笊を持ってご祝儀をいただくという段取りとなるが、意外や浅草ほどには集まらなかったようだ。
 やっぱり、場所の雰囲気とマッチしないからか。
 2Fのミニステージでは、ミュージシャンのライブが行われていたが、やっぱりこちらの方は違和感がない。

 阪神が連夜のサヨナラ負け。ヤクルトは終盤に逆転したが、肝心の石井が打たれサヨナラ負けで連勝ならず。
 テレビでは連夜の世界陸上。男子マラソンで団体優勝し国歌が流れたが、やっぱりマラソンは個人だよ。

夕焼けや笊持たさるる猿回し  研一
by ken28-575 | 2005-08-14 01:18 | 俳句あり | Comments(0)

雷鳴

 深夜になって雨が激しくなってきたが、今は小降りに。
 雷鳴も。北関東では珍しくないことだが、なんとなく季節の移り変わりを感じる。
 7月下旬頃には毎日のように必ず夕立があったように記憶する。
 雨宿り程度の雨ですぐ夏空に戻るが、そう言えば、最近「入道雲」もあまり見かけない。住む地域にもよるだろうが。
 夏はやっぱり10代になる前の少年時代の記憶が懐しい。

 その頃は50代だったおばあちゃん・西瓜と俎板・蚊帳のにおい・川で泳いだ・川から汲み上げた水をバケツリレーして道路にぶちまく・道路はもちろん未舗装・道路のほこり・前垂れ付きの白黒テレビ・アイスキャンデーの棒に当りの焼印・・・・
by ken28-575 | 2005-08-13 01:05 | 日記です | Comments(0)