<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

第23回 坂東吟行(海雲山岩殿寺・逗子市、2月26日)

b0029438_0465165.jpg 7時過ぎに自宅を出発。逗子は鎌倉の先。意外に近かった。
 雨を避けるため、観音堂の庇の下でしばし句作と言っても、句帳に書き込んでいる振りをしているようなもので、句会場でまとめることになるが、拾った単語はきっちりメモをしておく。
 57名の出句。
 遠方では、愛知県、栃木県から参加した方もいる。  b0029438_0473022.jpg






 本日は選句が好調。
 3句選で、そのうちの2句は主宰選の二重丸と一致、残りの1句も主宰の並線と一致し、準パーフェクトといったところか。
 私の句は一般選はいただいたが、主宰選にはかすりもしなかった。甘い句だと自覚していたので、納得はしたものの、名乗りができないと肩身も狭い。
b0029438_0474659.jpg 昼食を食べ終えた後、句会の開始まで時間があったので、海岸へ。
 浜辺に打ち寄せられた貝殻。春の雨の中のウインドサーフィンは、風が弱くてやりにくそうに見えた。
 句会の後は、有志による懇親会。
 いつものように主宰の話を聞くことができ、貴重な時間である。
 帰りの電車では、主宰の隣に座り、ずーっと主宰と話をしながら帰ることができた。ありがたいことである。

落ちさうで落ちぬ椿を見てをりぬ  研一
by ken28-575 | 2006-02-27 01:31 | 句会日記 | Comments(0)

3月号到着

b0029438_0482131.jpg 日曜日に吟行した対岸からの景で隅田川の向こうが佃島である。
 22日にたまたま行く用事があり、撮影できた。
 結社誌3月号到着。
 いつもは25日頃到着するが、今月は短いため繰り上げての発送ということで、担当者の方も大変である。
 さて、封筒から取り出して開けて読むまでは、大袈裟だが通信簿を開く時の心境に似ており、毎月ひやひやする。
 5句の投句で、果たして今月は何句欄にあるかということ。
 今回は最も人数の多い3句欄で、あえて言えば「並」レベルである。
 巻頭の4句欄から2句欄まであり、2句欄でなくてよかったということだが、やはり上を目指し4句欄さらには巻頭の20人の中に入らないとである。
 今月号には、私の書いた12月の「坂東吟行」の報告も掲載されているが、決してうまくない文章であり、これもひやひやである。
by ken28-575 | 2006-02-24 01:13 | 日記です | Comments(0)

第27回 大江戸線句会(月島・2月19日)

b0029438_0462725.jpgb0029438_0472886.jpg
 吟行には5名が参加。句会場で2名加わる。
 天気が心配だったが、大丈夫だった。
 昔風の街並み、春の川、高層マンション、神社、梅など、路地を曲がる度に景も変化。題材はきわめて豊富。
 何を詠もうかと迷う。住吉神社の二宮金次郎像は想定外の出会い。
 土産に佃煮を買う。選ぶのが面倒だったので、あらかじめ3種類がセットされた包装済みの商品を買う。千円也。
b0029438_04654100.jpgb0029438_0474379.jpg
b0029438_04758100.jpgb0029438_0481993.jpg







 句会に初めて参加した若い方がいたが、句の出来栄えはともかく、感覚がやはり新鮮である。
 俳句らしい俳句に仕立てようとする以前の問題で、感受性というのだろうか。
 
春浅し佃島から佃島  けんいち
by ken28-575 | 2006-02-20 01:15 | 句会日記 | Comments(1)

藍生土曜セミナー (2月18日) 俳句文学館

b0029438_0462199.jpg 5名が参加。2人用のテーブルを1人で占領できた。
 少ないなりに、一人当たりの喋る時間が多くなるというメリットもある。

 先ほど、京都から深夜の電話あり。
 実は、学生時代のサークル仲間が集合している。去年は参加したが、今年は例年より少なく8名とのこと。
 交代で3名と話す。
 おそらく花見小路のスナックから祇園あたりのホテルに戻った頃で、相手は呑み疲れた感じだが、すぐに学生時代の口調になり懐かしく話す。名前は呼び捨て。
 このブログを時々見ている者もおり、俳句のことも少し話題にしたが、当時の仲間からは「どうして、俳句を?」と言われたこともある。「信じられない」とか、「定年後の心配はないね」とも。
 入院したという仲間のことや、子供が今度結婚するんだ等の話も・・。
 もし、来年開催されたら、今度は行こう。
 電話で話しただけでも、気持ちが若返るものだ。
 祇園の夜、まだ連中は寝ないで賑やかなことだろうな。

 画像は句会場に向かう途中の「高田馬場」駅からBIG BOX方向を。
 日中はよく晴れていた。寒さも今日が底とのことだが。
by ken28-575 | 2006-02-19 01:40 | 句会日記 | Comments(0)

小雨

 少し降ってる。
 暖かくなったかと思うと、急に冷え込んだり。
 当たり前だけど、もう冬に戻ることはない。
 2月の日差しはまぶししい。
by ken28-575 | 2006-02-17 00:24 | 日記です | Comments(0)

ようやく春めきて

 やっぱり寒いより良しです。
 チョコ、職場でもいただきました。1ヵ月後、覚えておかなくちゃ。
by ken28-575 | 2006-02-15 00:07 | 日記です | Comments(0)

第166回 藍生2月例会 (2月12日) 東京芸術劇場

b0029438_03374.jpg 欠席投句を含め79人。
 間際に会場に到着したため、いつもと違って後ろの席に座ったが、主宰の顔がよく見えない。
 本日は選句がさっぱり。
 5句選のうち、主宰と重なったのは1句だけだった。
 自分の作品の結果も気になるが、選句も大事である。

 主宰から「個人情報」の話。雑誌の投句ハガキのことで、以前は「没句」のハガキは自分で処分すればよかったが、今は投句された全てのハガキを出版社に返却することになり、大変とのこと。仕事上、私も気になる話だった。
 14日はバレンタインデーだが、なぜか本日の投句には見当たらなかった。

屈みては立ち屈みては春浅し  研一
by ken28-575 | 2006-02-13 00:19 | 句会日記 | Comments(2)

パソコン復活

b0029438_111449.jpg ようやく復活。
 ただし、「お気に入り」の追加は途中まで。
 メールアドレスは、プロバイダーのアドレス帳に保存していた分はサイトから拾えたので問題ないが、消えてしまった分は、メールをもらうまではどうしようもない。
 昼前によく行く幕張へ。
 メッセが賑やかそうだったので、人の流れについて行くと、「第6回JAPANドラッグストアショー」が開かれいた。
 暖かい一日だったが、日曜日はまた冬に逆戻りとのこと。
by ken28-575 | 2006-02-12 01:24 | 日記です | Comments(0)

パソコン退院

b0029438_23155328.jpg 帰宅してから、閉店間際のラオックスまで受け取りに行く。
 25日ぶりの我が家。まだ、梱包されたままで御休み。
 修理費7万9千円で、保証上限額を超えた3万8千円は自己負担で想定外の出費。もっと高ければ新品もと考えていたが、XPでもありこれからは大事に使おう。定期的にメンテナンスもしよう。 
 修理報告書には、「故障のためユニット交換」 「全データ消去され、工場出荷状態となっております」などなどで新品ということだが、2年分を超えるデータ、つまりメール、アドレス、画像、そして私の俳句などは消えてしまった。
 週末までに、時間を見つけてセットアップすることになる。

 画像は夕方の拝島駅。朝方まで降っていた雪が、少し残ってました。
by ken28-575 | 2006-02-07 23:35 | 日記です | Comments(0)

句会は欠席

b0029438_2156841.jpg
 「亀の会」だったが、私用で参加できずFAXで投句。
 夕方、電話で確認したら参加者は4名とのこと。
 おそらく、その倍以上の欠席投句があったはず。

 昨日、ようやく「1月・亀の会」の句報をUP。右上の「リンク先一覧」からどうぞ。
 今日も寒い一日だった。
by ken28-575 | 2006-02-05 21:12 | 日記です | Comments(0)