<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

3月30日の日曜日

 今から40年以上も前になるが、「フランシーヌの場合」がヒットしていた。新谷のり子さんだ。
 1969年3月30日の日曜日
  フランシーヌの場合は あまりにーもお馬鹿さん・・
 今日は2014年3月30日の日曜日。ふとあの頃、あの時代を思い出した。

 さて、こちらでは28日の金曜日に開花宣言。準備万端の松江城。(テレポート山陰より・BSS山陰放送)
b0029438_22225330.jpg
 その夜のテレビ(報道ステーションより)
b0029438_22231962.jpgb0029438_22233335.jpg 
週末の天気は崩れそう、合い間に楽しめと。          浅田真央選手がショートプログラムで歴代最高得点。

 翌日の土曜日、松江市にある島根県合同庁舎の東側。
b0029438_22234811.jpg
 ここの桜もちらほら。

俳句・短歌 ブログランキングへ
by ken28-575 | 2014-03-30 22:50 | 日記です | Comments(0)

平成26年4月号

◇4月号(1月10日締切)  研一

   柚子落すしやがんで拾ふ母の背な    落す 落とす
   不器用な白鳥も来て着水す
   人間の人間くさき年の市

 没句
   均等に残すも楽し御節かな
   三日はやピザのチラシも雑じりをり


俳句・短歌 ブログランキングへ
by ken28-575 | 2014-03-28 00:06 | 俳句あり | Comments(0)

ポスターも春らしく

 倉吉市内の本屋さん(徳岡書店)のウィンドーです。
b0029438_921184.jpg

(左)開館15周年を迎えた松江市の島根県立美術館では「水辺のアルカディア」

(右)「くらよし打吹流しびな」は市内を流れる玉川で。川といっても川幅はわずか。

 日差しはしっかり春めくも、風の冷たい三連休。  鶴竜の優勝は?  春の甲子園開幕で野球頭復活。

俳句・短歌 ブログランキングへ
by ken28-575 | 2014-03-23 09:36 | 日記です | Comments(0)

崩れはじめた雪だるま

b0029438_2354861.jpg
   消滅するまであと何日かかるのでしょう? 大山レイクホテルです。

俳句・短歌 ブログランキングへ
by ken28-575 | 2014-03-22 23:57 | 日記です | Comments(0)

ベタ踏み坂・江島大橋

b0029438_1362481.jpg
 ダイハツのテレビCMで有名になったベタ踏み坂・江島大橋。
 今もそのCMが流れているか不明であるが、この橋の向こう側(島根県松江市)には寒さにもかかわらず見学らしき人が結構いた。
 この画像は鳥取県側から撮影。CMは島根県側から走って登ってくるシーンで、さすがにこちら側でカメラを持ってぶらついていたのは私だけ。

b0029438_137018.jpgb0029438_1371043.jpg
 地元新聞にも取り上げられていた。テレビCMの影響はすごいものだ。
 観光バスもよく通るが、橋のてっぺんからの景色に加え、ガイドさんもCMのことを紹介するのだろう。
 よく通る場所だが、有名になったせいか、今までとは違い、ややよそよそしい気分で通過したのでした。
b0029438_1372669.jpg

 鳥取県側の観光地の案内板。b0029438_1375981.jpgb0029438_138955.jpg

 水木しげるロードも近い。
b0029438_1382286.jpg


俳句・短歌 ブログランキングへ

by ken28-575 | 2014-03-09 13:47 | 日記です | Comments(0)

京都に行ってきました

b0029438_062590.jpg先週の週末は京都に一泊。

毎年この時期に学生時代のサークルの仲間が集い、今年は女性も一人参加され12名。
去年は小生が幹事で松江に集合。「竹島の日」の翌日だった。

京都まで高速バスで4時間ちょっと。新幹線を乗り継ぐ料金の半額以下だ。
岡山県境に近づくと積雪あり。
b0029438_072049.jpg
b0029438_07344.jpgb0029438_074857.jpg
b0029438_081926.jpg
b0029438_082932.jpgb0029438_084166.jpg

 帰りの座席は最前列。雪の大山がよく見えた。
 久々の京都は、寒さにもかかわらず観光客が多い。 来年も京都に集まる。

俳句・短歌 ブログランキングへ
b0029438_09143.jpg

by ken28-575 | 2014-03-01 00:20 | 日記です | Comments(0)