平成30年10月号

 研一 (7月10日締切)
   時の日の脈拍六十と少し
   万緑や乗り捨てられた車椅子
   夏の川橋あり長き短きと   橋あり長き短きと橋に長きも短きも
   没句
    キヨスクの朝刊蛇の衣のやう
    白南風や浜辺に犬を遊ばせて

            週末にまたまた台風接近                                   
b0029438_21550535.jpg

# by ken28-575 | 2018-09-28 21:56 | 俳句あり | Comments(0)

兜太を語り TOTAと生きる

本日、東京有楽町朝日ホールで開催され、主宰はコーディネーターを担当。
最近まで朝日俳壇かつてはNHK俳壇他の選者をされ投句をしたこともあったが、兜太氏の選は叶わなかった。
この案内は9月号の結社誌に同封され、「ふたたび兜太先生」の特集も掲載されていました。            
b0029438_16143542.jpg

# by ken28-575 | 2018-09-25 16:28 | 俳句関連 | Comments(0)

木槿の花

木槿は梅雨が明けた7月にも咲いていた。そして暑さも峠を越えてから再び咲き始めた。どうやら猛暑を避けて咲くようだ。

b0029438_20361720.jpg

b0029438_20360709.jpg

# by ken28-575 | 2018-09-13 20:45 | 日記です | Comments(0)

秋の雲

夕方、空を見上げるとうろこ雲。日中はまだ暑いものの空を見上げてややほっとしました。                
b0029438_20421043.jpg

# by ken28-575 | 2018-09-05 20:43 | 日記です | Comments(0)

平成30年9月号

 研一 (6月10日締切)
   スリッパを替へるわが家の更衣
   昼までに用事を済ませ夏浅し
   老鶯や大きな石に腰を置き  腰を置き腰を置く
   没句
    売店の新聞蛇の衣のやう
    白南風や砂丘を走る防風林

             平成最後の夏はまだまだ続く。                            
b0029438_00234015.jpg
      
# by ken28-575 | 2018-08-31 00:27 | 俳句あり | Comments(0)

庭の朝顔

4月下旬に種をまき7月下旬頃から咲き始める。夏のもっとも身近な花だ。                       
b0029438_22263768.jpg

# by ken28-575 | 2018-08-13 22:27 | 日記です | Comments(0)

アイスクリーム

滅多に買わなかったが、今年はコンビニに行くとついつい手が伸びてしまう。                       
b0029438_21354957.jpg

# by ken28-575 | 2018-08-02 21:37 | 日記です | Comments(2)

平成30年8月号

 研一 (5月10日締切)
   葉桜のやがてよくある木となりぬ
   三十キロ圏内に住みおぼろかな
   種をまく本日新聞休刊日
   没句
    火の回り早し線香竹の秋
    五月来るペンキのにほふ船乗場
         結社の句友が出演する「父と暮せば」の案内が同封されてました。                   
b0029438_10513560.jpg

# by ken28-575 | 2018-07-30 11:04 | 俳句あり | Comments(0)

猛暑

いつまで続くこの暑さ。                                                  
b0029438_11344054.jpg

# by ken28-575 | 2018-07-21 11:35 | 日記です | Comments(0)

高校野球県大会始まる

第100回である。鳥取県大会開幕。地元のケーブルテレビで初戦から完全中継。                       
b0029438_19494141.jpg

# by ken28-575 | 2018-07-14 19:50 | 日記です | Comments(0)